PR

FX口座開設の審査に落ちた原因を解説!ブラックリストや無職でも審査に通る?

FX口座開設の審査に落ちた場合、考えられる原因は金融資産額が不足していることです。FXの審査はクレジットカードやローンと違い、信用能力は考慮されません。とにかくトレードするだけの余裕があるかどうかが重視されます。

ではいくらの資産があればOKなのか、そして審査がゆるいFX会社はあるのか、などを解説していきます。

FX口座開設の審査に落ちた原因は?

FX口座開設の審査に落ちる主な原因を以下に挙げます。

金融資産が乏しくFXするだけの余裕がないと判断された

最も一般的な原因は、金融資産が不足していることです。

FX会社はトレーダーがたくさん取引してくれることで利益を得ます。資産が乏しい人はたくさん取引してくれる見込みが薄いので、口座解説しても利益になりにくいのです。

また、こうした人はFXをギャンブルとして考え、生活資金すら取引に充ててしまう恐れがあります。すると、取引に失敗した結果生活が破綻してしまう恐れがあります。だからこそあえて審査に落とすことで、その人の生活を守ってあげているとも言えます。

投資目的が投機的

申し込み時には投資目的を聞かれることがあります。この時投機的、つまり一攫千金なギャンブル的回答をしてしまうと審査に落ちます。

先の通り、こういった人は生活資金まで注ぎ込んでしまう恐れがあるからです。

投資経験が皆無

投資目的と同じように、投資経験が問われることもあります。この投資経験ではFX以外にも株式投資などについても細かく聞かれます。そしていずれの経験もない場合審査に落ちる可能性が高いと思われます。

これもやはり、投資未経験者がいきなりFXを始める=ギャンブルとして見ている可能性が高いからです。

金融資産以外の理由でFXの審査に落ちることはほぼない!

上記以外の理由でFXの審査に落ちることはほとんどないでしょう。例えば楽天FXの場合、楽天カードで滞納しまくった経験がある、みたいな人は審査に落ちると思いますが、そういった経験がある人は稀だと思いますし、その場合楽天以外の会社を使えば良いだけです。

ブラックリストや無職、借金持ちでも審査に通る理由

FXの審査はクレジットカードやローンの審査とは違い、個人信用情報の確認がありません。したがって、いわゆる「ブラックリスト入り」している人でも問題ありません。

また、審査項目は申込時に入力したものだけなので、借金の有無など聞かれていないことは無関係です。

クレジットカードやローンは返済を行うことになるので就業してい収入を得ていることが最低条件となります。しかしFXの場合はお金を貸すわけではないので無職・無収入でも口座開設できる可能性があります。ただし評価はマイナスなので、FIREしているなど資産に余裕がない限りは審査に落ちてしまう可能性の方が高いでしょう。

審査がゆるいFX会社はある?

FXの審査はどの会社もよほどのことがない限り通ります。なので特に「ここが甘い」みたいなデータや口コミはありません。ただし、FX会社の中には必要な金融資産額を公表していることがあります。この公表額が低い会社ならある意味審査がゆるいと考えられるのでおすすめします。

FXTFは金融資産30万円以上でOK!

必要資産額を公表しているFX会社を見ると、「100万円以上」となっていることがよくあります。しかしFXTFは「30万円以上」と公表しており、他社よりも基準が低いため審査がゆるいと言えます。

さらにFXTFはキャンペーンを開催しており、わずか1回取引するだけで3,000円もらえます。もはや現金ばら撒きキャンペーンとも言えます。逆に言えば、現金をばら撒いてでもユーザーを集めたいという意図があるのでしょう。それはつまり審査がゆるい可能性が高いとも言えます。

FXTFはスプレッドが狭く、1,000通貨からの取引に対応しているので初心者向けです。MT4にも対応しているので、取引に慣れた人にも向いているでしょう。なかなかおすすめできます。

FXの審査に関するよくある質問

最後にFXの審査に関するよくある質問に回答していきます。

審査に落ちたら再申し込みしても良い?

再申し込み可能です。ただし再申し込みしたところで結果は同じことでしょう。金融資産が改善してから申し込むことをおすすめします。

審査時間が長い=審査落ち?

審査時間が長いからといって必ずしも審査に落ちるわけではありません。むしろ時間がかかる=きちんと審査されている証拠です。ダメな人は一瞬で審査に落ちます。

タイトルとURLをコピーしました