PR

ゼロカットシステムの罠を解説!デメリットはないが多くのトレーダーにとっては無意味

ゼロカットシステムとは、取引の結果残高がマイナスになったとしても、損失を0にしてくれる制度のことを言います。例えば-50万円になった場合、FX会社に50万円入金しないといけないので、50万円の借金を背負っている状態となります。一方でゼロカットシステムの業者ならば、マイナスが勝手に0になるので、FX会社への支払い義務を負うことがありません。

そういうわけなのでFXトレーダーにとってはめちゃくちゃ魅力的です。その一方でデメリットが気になると思いますが、直接的なデメリットはありません。しかし、ゼロカットシステムを採用しているFX会社は「国の許可を得ておらず信頼性が低い」「FX会社が損失を補填するので急遽倒産する恐れがある」といった間接的なデメリットがあるためおすすめしません。

そもそもゼロカットシステムは、実は多くのユーザーにとってはあまり意味がないとも言えます。その辺を整理して解説していきます。

ゼロカットシステムの罠!?デメリットを紹介

ゼロカットシステムとは、取引の結果残高がマイナスになった場合でも、その損失を0にしてくれる制度です。非常に魅力的に思えるこの制度ですが、注意したいポイントもあるので紹介していきます。

ゼロカットシステムの海外FX会社は信頼性が低い

ゼロカットシステムを採用しているFX会社は、すべて海外に拠点があるFX会社です。こうした会社は日本の金融庁の許可を得ずに運営しています。

そのため、会社の信頼性が著しく低いです。FXは取引会社に自分のお金を預けることになりますが、その預けたお金が持ち逃げされてしまうようなトラブルが過去何度も起きています。

ゼロカット=FX会社の補填なので倒産リスクが高い

ゼロカットシステムは、FX会社がトレーダーの損失を補填する仕組みです。このため、大規模な損失が発生した場合、FX会社が急遽倒産するリスクがあります。実際にスイスフランショックが起きた際には、ゼロカットが原因で倒産した海外FX会社があります。

また、こうして倒産してしまうとやはり預けた資金が戻ってこない可能性があります。金融庁の許可を得ている国内FX会社は、倒産した場合でも顧客から預かった資産を返金できるような体制になっていることが義務付けられているため、このようなトラブルが発生しません。

ゼロカットシステムが意味ない理由

ゼロカットシステムが多くのトレーダーにとってあまり意味がない理由を以下に説明します。

ゼロカットの前にロスカットがある

ゼロカットシステムが発動する前に、通常の取引ではロスカットが自動的に行われます。ロスカットは、損失が一定のレベルに達した時点で自動的にポジションを清算する仕組みです。これにより、損失が膨らむ前に取引が終了するため、そもそもゼロカットシステムが発動することは稀です。

FXで借金を負うことはごく稀!自分から借金しない限りほぼ問題なし

上記の通り、ロスカットがあるためトレーダーが借金を負うことはほとんどありません。

「FXで借金を追って犯罪行為に手を染める」みたいなニュースを見たことがあると思いますが、この場合はそもそも借りたお金をFXに注ぎ込んでいることがほとんどです。

このように自ら借金をしない限り、大きな損失を負うリスクは低いと言えます。

日本のFX会社がゼロカットシステムを採用しない理由

日本のFX会社では、ゼロカットシステムを採用している会社がありません。

なぜなら日本ではゼロカットシステムを採用することが違法だからです。会社がトレーダーの損失を補填するようなことができないのです。

なぜこのような決まりがあるのか詳しいことは知りませんが、FX会社を守ることが挙げられるかもしれません。先の通り、ゼロカットシステムはFX会社にとって思わぬ損失となるケースがあります。もしもゼロカットシステムを認めれば、突然FX会社が破綻してしまい、混乱を招く危険性があるため、禁止しているのかもしれません。

ノックアウトオプションはゼロカットと似てる

ただし日本でもゼロカットとよく似たノックアウトオプションという金融商品があります。

このオプションでは、取引が一定の損失レベルに達すると自動的に終了するため、大きな損失を回避できます。ロスカットと違い、損失が保証されるので大きな値動きが発生しても借金を負うことはありません。

ゼロカットシステムはデメリットあり!国内FX会社で安心して取引しよう

ゼロカットシステムには直接的なデメリットは少ないですが、間接的なリスクが存在します。特に、信頼性の低い海外FX会社や倒産リスクを考慮すると、安全性に欠ける面があります。日本のFX会社で取引を行うことで、より安心して取引ができるでしょう。国内の規制のもと、安全に資金を管理しながら取引を進めることが大切です。

タイトルとURLをコピーしました